オススメはキャッシング・カードローン一覧

ミスから来るキャッシングの綻び

もしもこれからキャッシングに申し込むのなら、一つ気を付けなければならないことがあります。それは、記載ミスや伝達ミスを起こさないことです。キャッシングの申し込みでは噓の報告が何よりも嫌われますが、勘違いやミスでも同じ扱いをされてしまうのです。

たとえば、生年月日などは間違えないと思いますが、住所を記入し間違えていたり、その他必要事項を間違えていたりと、意外と間違えてしまいやすい箇所は多いものです。じっくりと見直す時間を入れて、丁寧に記入していきましょう。ちょっとしたミスが相手の印象を損ねる可能性があります。審査ではこうした印象を損ねることを何より避けなくてはなりません。

また、電話から申し込む場合にはさらに注意が必要です。電話を苦手としている方は特に、冷静に申告しなければなりません。ちょっとした言い間違いがあったり、わからないのに適当に答えたりしていると、後で調べられたときにすぐわかってしまいます。

そんな簡単なミスするわけがない、と思い込まず慎重に申告しましょう。せっかく本来なら受かるところだったのに、つまらないミスで見送りになったとなればもったいない話となります。電話では質問もされますが、落ち着いて答えましょう。

関連記事

    キャッシングに関するメリットについて

    最近ではとても手軽にお金を借りることができるようになりました。 クレジットカードにキャッシング機能を付帯しておけば気軽にお金が借りられるんです。 それをキャッシングと呼んでいます。 このキャッシングのサービスを利用するにあたって、得ることができるメリットにはどういったものがあるのでしょう... 記事を読む

このページの先頭へ