カードローンには銀行系と消費者金融系がありますから、どちらが良いの?という疑問は多くの方が抱くのではないでしょうか。そういった疑問をを持つ人のために、これらを比較していきます。

まず、銀行系は金利の安さ、限度額の高さが人気のポイントで、また銀行のブランドのおかげで信頼感があるという声も多いです。ただし審査が厳しかったり、時間も結構かかるものが多く、そういった面はデメリットだと言えるのではないでしょうか。

消費者金融系に関しては、金利や限度額は前者に劣るものの、審査の気軽さ、早さ、サービスなどそういった面では魅力が多く、気軽のキャッシングをしたい、すぐにキャッシングがしたい、という人に人気です。

このように、どちらもメリットとデメリットがあり、どちらが良いのかという事はその人のニーズによるのではないでしょうか。長期間に及ぶ借入であたり、額の大きい借入の場合には、やはり条件面の良い銀行系カードローンの方が返済の負担は少なくおすすめです。しかし、すぐにお金が欲しい方は、消費者金融系の方が確実でおすすめができると言えるでしょう。このように、どちらが良いのかは特徴を見て自分で判断をする必要があるでしょう。