だいぶ前ですが、キャッシングを利用していてヒヤッとしたことがありました。それは、ささやかながらボーナスの支給があると見込んでキャッシングをしたのですが、その後ボーナスが支給されないことになってしまったときです。そのときは社会人5年目ぐらいで、社会のこともだいぶわかってきた頃でした。あるときテレビCMか何かがきっかけでキャッシングのことを知り、やってみようと思いました。そのときの返済で心の支えになっていたのは「ボーナスがあるから大丈夫」でした。

 しかし、たまたまボーナスが支給されないことになってしまったので「運が悪い」と落胆しました。また、返済がだいぶ厳しくなるとわかっていましたので、相当焦りました。そこで新たな別の業者からキャッシングすることも頭をよぎったのですが、多重債務が危険なことぐらいさすがにわかっていました。そこで、バイトを掛け持ちすることにし、それでキャッシングの返済をすることにしました。それでも結構な額のお金を借りてしまったので完済はギリギリでしたが、誰かに迷惑をかけることなく切り抜けられたのは良かったです。ですから、それ以後はキャッシングをするなら本当に確実な収入があるときだけにしています。