私は会社員をしていましたが大学時代はとても貧しく一ヶ月の食費を一万五千円で抑えることもありました。

理由は家が裕福ではなく奨学金で学費や生活費を賄っていたことと専攻していた応用数学の教科書が高価なものが多く、また大学の研究室がとても忙しくアルバイトをたくさん行うことができなかったからです。大学院に進学するという目標はありましたが生活に余裕がありサークル活動などをしている同級生を見ているととても落ち込みました。

そんな時私がバイト先の運送会社で怪我をしていまいました。

軽い捻挫でしたがしばらくバイトを入れることができなくなりました。4年生になる前の春休みでとてもお金がかかる時期にバイトを入れられないのはとても困りました。

両親も生活苦の中進学させてくれたので相談できませんでした。

そんな中、友人に相談したところキャッシングをすすめられました。

正直お金を借りることに抵抗がありましたが友人からきちんとした理由があって計画性をもって返済すれば問題ないと言われ、自分で返済計画を立てました。これはあくまで大学院進学のためだと決心し、入学時に作ったクレジッットカードでキャッシングをしてお金を借りました。

その後計画通り返済し勉強も頑張って無事大学院に進学しました。当時は悩んでいましたが今となってはキャッシングのおかげで負担が減ったので友人のアドバイスとともにありがたかったと思います。